長岡京西代(にしんだい)里山公園オープン(2016,5,29)

 

・長岡京市西代(にしんだい)里山公園オープン

 

   平成28年5月29日(日)里山公園誕生祭が行われ一部がオープン  

   しました。

 

   約2万㎡の広い敷地に「ホタル広場」「カブトムシの森」

   「体験農園」「遊びの広場」などのエリアがあり、芝生の上で、

   ライオンの遊具などで楽しく遊べます。

 

   建物のオープンは7月下旬予定で、教室で勉強もできるようになり

   ます。

 

    写真は公園誕生祭  

 


蝉の羽化(2016,7,20)


 

7月10日~20日、セミの羽化が続いています。

 

毎朝ワンワンないています。

 

地上の約1月の間に交尾や産卵をします。

 

セミは不思議な昆虫です。

 

産みつけられた卵は、次の年の6月ごろかえり、地面に落ちます。

 

土の中にもぐった幼虫は、木の汁を吸って育ち、7年以上土の中に

 

います。

 

普通、生物は太陽があり、酸素が多く、したがってエネルギーを得やすく、活動範囲を

 

広げられる地上の生活をするものが多いからです。

 

生き残りのため、地中生活の期間を変えるようなこともできるそうです。

 

写真はアブラゼミの羽化

 

 

 


ホタルが一杯(2018,6,8)

今年は小泉川上流でホタルが一杯です。

 

530日、31日の雨の後ぐらいからホタルが沢山飛んでいます。

 

金ヶ原橋上流、柳谷橋上流で午後8時ごろからがいいでしょう。

 

同調して明滅しています。

 

見に来た方は皆さん喜んでおられます。

 

 

2018613(木)ホタル続報

 

柳谷橋上流、西代橋・蛍橋の上流、西代公園の上の橋の上流で、ホタルはまだ沢山飛んでいます。

 

飛んでいるのを捕まえて観察してみました。

 

腹の下の2節が光っているのでオスです。メスは1節が光るので、光が少し弱いはずです。

 

すぐ飛んでいきました。

 

サカナやキノコにも光るものがありますが、なぜ進化の中で光る形質を獲得したのかはよく分かっていません。

 

求愛(コミュニケーション)のため、敵をおどかすためとか言われています。